角田美代子の『背乗り』とは?

角田美代子の『背乗り』とは?

 
2011年11月に、兵庫県尼崎市の倉庫で大江和子さん(当時66歳)の

遺体が見つかったことがきっかけで発覚した尼崎連続変死事件

その後の捜査から、主犯とされる角田美代子元被告の周辺で25年以上にも

渡り、複数の家族が長時間虐待を受け、死亡している事が明らかになている。

 


なぜ、角田美代子元被告が多くの人間を殺害してきたか?

これには、戸籍ロンダリング」の一種である「背乗り」と言われる

行為を実行してきた経緯でもある。

 

 

「背乗り(はいのり)」とは

 

背乗り(はいのり)とは、元来、北朝鮮などの工作員が他国人(日本人)の

身分・戸籍を乗っ取る行為を指す警察用語のことである。

 
要は、実在している日本人を殺害して、その犯人や別人が日本人になりすます

行為のことなのである。

 

 

正確には「背乗り(はいのり)」は身分・戸籍を乗っ取る行為を言い。

 

「戸籍ロンダリング」は養子縁組するなどして戸籍情報をリセットすることを指します。

 

 

 

この『尼崎連続変死事件』は、角田美代子元容疑者が兵庫県警本部内留置署で

首が絞まった状態で発見され、自殺したという、これまた奇妙かつ

衝撃的な結末で事件の幕引きを図ろうとしたのだが、

実際、角田美代子は何をしたのだろうか?

 

 
事件を紐解き、角田美代子がしてきたとされることは以下。

 

  1. 南朝鮮から女が不法入国
  2. 女は角田某と結婚または養子縁組する
  3. 角田姓を名乗り、南朝鮮人または在日朝鮮人を呼び寄せる
  4. 呼び寄せた朝鮮人と結婚または養子縁組する
  5. 角田家を乗っ取ることに成功する
  6. 本来の角田家の人々を抹殺する
  7. 何食わぬ顔で角田姓を名乗り日本人に成り済ます
  8. お決まりの朝鮮人同士の仲間割れ

 

 

当初は、親戚関係のトラブルと見せかけていたのですが、その真の狙いは

日本人一家に乗り込み財産をしゃぶり尽くし、終いには殺害するという目的で

最初から仕組まれたという世にも恐ろしい残虐過ぎる鬼畜な話なのである。

 

 

 

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す