悠仁さまが補聴器を装着された画像。難聴?発達障害でしょうか?

悠仁さまが補聴器を装着された画像。難聴?発達障害でしょうか?

 

4f076030c981ff2ba9f5466f879e68ae
今上天皇である第125代明仁天皇の孫にあたる、悠仁親王

2006年(平成18年)9月6日 生まれ、現在8歳。小学2年生。

 

 
男系男子』を伝統とする、皇室において父である秋篠宮文仁親王以来41年ぶり

男子誕生で日本の未来を左右する運命の男児なのである。

 

 

【なぜ男系男子の天皇でなければいけないの?】

以前から、現在の明仁天皇の跡を継ぐお世継ぎ問題はありました。

皇太子の一粒種である”愛子さま”の女性天皇誕生が現代にふさわしいという

風潮もありました。

いや、そうではなく悠仁さまがなられるのが筋だという意見もあります。
かつては、女性天皇もいらしたそうです。

しかし、女性天皇というのはいわばピンチヒッターのようなもので、

男系男子が輩出されるまで、もしくは男系男子が幼い場合に彼がある程度の年齢

に達するまでの、代打的意味合いがあるのです。

 

お亡くなりになられましたが、”ヒゲの殿下”こと三笠宮寛仁親王が以前仰っていた

ことが、伝統的に天皇となる世継ぎの考え方が正しいのだと思います。
男系にこだわる理由は、受け継がれる遺伝子が大事だということ。

染色体が男性はXY、女性はXXです。

男子は父からYを、母からXをもらう。女子は父からXを、母からXをもらう。

単純に見て、この時点で女子の遺伝子から父のYが無くなります。

父からもらうのはXだけ。。。

まれに、父のYの要素が、多少Xへ移って継承されることがあるというが・・・

『女系』ということになると、父からY要素をもらったとした女子であったとしても

しのそのまた子孫となると、、、

この、多少もらった最初のYの要素が、いづれゼロになってしまうのです。
だから男系男子がよろしい。最初のYがしっかり受け継がれるから。

ということなのだ。

やはり伝統的にみても正しくは、”悠仁”さまが天皇となられる可能性の方が

よろしいということになります。

 

2013073100011_1

 
【悠仁さまの人となり】
利発的なお顔立ちから、勉強はもとより、生き物が大好きで

周りからは『昆虫博士』と呼ばれるほど、昆虫に関する図鑑や

本を熱心に読まれる勉強に好奇心旺盛な様子が伺えます。

 
【悠仁さまは難聴?発達障害?】
小学一年生の頃に撮られた横向き写真からわかるように、左耳の奥に極小の

補聴器らしきものが見えています。
世間では「難聴?」、「発達障害なのでは?」と健康を心配する声もあります。

しかし、正式なコメントや報道も見受けられません。

 

1414213796662

 

 
誰しもちょっとした健康不安は、つきものです。

悠仁さまの場合も大きな問題では無いと思っています。
去年、通学されているお茶の水女子大学附属小学校二年生の運動会では

元気に50m徒競争や綱引きなどを元気いっぱいに取り組まれている光景を目にすると
生活に支障をを来す”障害”は無いように思います。

 

a8a30a8d9bda2e652a2b66ed56699310

 
なにとぞ、日本の未来として健やかに成長されることを望んで止みません。

 

 

 

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す