今井メロの病名は?病気、病院、何?フライデーの画像!子供は!

今井メロの病名は?病気、病院、何?フライデーの画像!子供は!

5image

この方ほど、波瀾万丈で光と影が際立つ、お騒がせで話題に事欠かない人も珍しいですね!

2013年10月30日の自身のブログで明かした。元スノーボード日本代表選手で現在ではタレント活動も行っている、今井メロ26歳が「心臓と脳の異常」のために倒れたことを発表した。こまめにブログ更新を続ける今井が3日間更新が止まったあとの衝撃発表で「実は・・・色々と忙しかったからか倒れてしまって・・・病院なの」と入院中であることを示唆した。ファンを心配させないために病名は伏せたままとしながらも、「心臓と脳の異常」が原因と綴った

6image

詳細がわからないだけに、かえって心配を煽るだけだが、今井は「でも、心配しないで下さい! 大丈夫だから!!」と努めて明るく振る舞い、「とりあえず早く治して元気な姿を皆さんに見せるから待ってて下さい」とブログ読者にメッセージを伝えた。

ただ、情報が錯綜しているところもある。。。

所属事務所が病気についてコメントするには「心臓に異常にあると聞いているが、脳については聞いていない」とし、「検査結果の報告もまだ来ておらず、退院の目処なども未定なのです」と明かしている。

何か、どこか温度差を感じないか???今井の語っていることよりも、所属事務所の発表している内容の方が一般的には素直に入ってこないだろうか?

4image7image←選手時代の素顔のままが一番輝いていて可愛いのにね。

少し彼女の半生を振り返ってみよう。

2006年トリノ五輪スノーボード・ ハーフパイプ日本代表として活躍し、世間の注目も浴びた。その後、タレント活動をしながら、2度の離婚を経て、現在は2児を育てるシングルマザーとして、仕事と家庭の両立を目指す。

昨年9月に出版した自叙伝『泣いて、病んで、 でも笑って』(双葉社)の中で、オリンピック惨敗後18歳で『引きこもり』になりホスト遊びでお金を浪費したという。その後、お金を返すために、ホス○ス、キ○バ嬢の仕事に就いたことも語り、さらにはデ○ヘル嬢として短期間で15万円を稼いだことや、リストカット、レ○プ被害など凄絶な過去の経験を赤裸々につづったことでも世間の話題になった。また、今年7月に発売された「週刊文春」のなかでは薬物疑惑についても報じられたこともあった。

1image

こういった、ことを踏まえ世間の反応、ネット上の声はどうだろう?

”今井メロさんのこれまでの病歴

・子宮頸がん→子宮筋腫→異形成  と二転三転した
・統合失調性感情障害
・糖尿病
・心臓と脳の異常 ”   数多くの病歴から『病気の総合商社ですよ!』と揶揄する声もある。

”病名を公表できないのは、話題作りなの??”

”他にもブログで『子宮頸がん』になった過去を綴るが読者から矛盾を指摘されると、子宮筋腫と変え→子宮頸部異形成だったと病名が二転三転したこともある。”

また、薬物使用疑惑についても

”薬物疑惑報道での本人談
糖尿病の為のインシュリン投与の為の注射器だった→記者に再度確認されると 糖尿病は医師の誤診とし、示談成立したと語る(週刊文春にて) →また別では、 ビタミン注射用の注射器を 病院へ返却したものだ(婦人公論にて)としている。”

これらの、数多くの話題騒動から、本人の芸能活動を行う上での売名行為、もしくは単に自己重要感を満たす為の”認めて欲しい”、”かまって欲しい”という、いわゆる『かまってチャン』ではないのか!という声が非常に多い。

今井メロの子供達・・・自ら公表している写真から

2d0310d8-s

7d62c090

今井メロ、旧姓 成田夢露(なりためろ)、幼き頃から父、成田隆史氏の教育方針でウェイクボードやスノーボードなどの選手としての英才教育を受け、兄、成田童夢(なりたどうむ)、弟、成田緑夢(なりたぐりむ)ととも、自由奔放な環境な中で育った。オリンピック代表となるまでに、その成果と栄光を手にしたが、乱れた服装や、記者会見中に兄・童夢が「チッ!反省していまーす」と舌打ちをしながら会見に答えた様子など、成功の裏に隠れた心と精神の未熟さを露呈し、世間からの総スカンをくらった。

今井メロさん、自らの経験を元に可愛い我が子には同じ轍を踏むような真似はしませんよね!?

 

 

 

 

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す