愛子さま「遅刻寸前」で走るお姿をフライデーがキャッチ!口元半開きのよだれとは?アスペルガーなどの障害?

愛子さま「遅刻寸前」で走るお姿をフライデーがキャッチ!口元半開きのよだれとは?アスペルガーなどの障害?

愛子さまが学習院初等科を卒業、皇太子ご夫妻も式に出席

2014年4月に学習院女子中等科にご入学された愛子さま12歳。中学に入ってからの初めてのゴールデンウィークも終わり・・・世間では、社会人になった新入社員などは、学生時代と社会人との、緊張感やギャップにも徐々に慣れてきた頃、『五月病』と題して、『うつ』にも似た症状が現れることも珍しくない。。。

新入生や新入社員がやる気と期待感に現実がうまくマッチせずに、環境適応力がついていかず、焦りや不安、倦怠感などを催し、やる気をなくしたりするような状態に陥ってしまうこと。

さて、愛子さまももしかしたら『五月病(ごがつびょう)』だったのでしょうか?

__ 1

週刊誌フライデー5月30日号にそのお姿を見ることができる・・・

五月のとある朝に、通勤や通学多くの人が行き交う歩道を、濃紺のセーラー服姿の愛子さまが、警護のSPたちとともに遅刻ギリギリで猛ダッシュをしている様子をカメラがキャッチしたのだ。時刻は8時20分。始業開始まであと5分しかない。学校までの距離もギリギリだ。

愛子さまの通学は一般生徒への配慮から、学校から約200mのところで車を降りて、そこから歩いて通学されているとのこと。

__ 2

道中大きなカバンを提げながら、猛ダッシュで、さすがに息が切れそうになると、マスクをアゴまで下げて走ったという。そして、レンガ塀の歩道ラスト50mを駆け抜けた愛子さまは定刻の8時25分ちょうどに校門を通過し終えました。

初等科5年生からバスケットボール部で鍛えた健脚でお付きのSPをも引き離す俊足なのだ。

学習院女子中等科のクラスは「東、西、中、南、北」の5クラスのうち、愛子さまは西組で、担任の先生も黒田清子さんの同級生で非常に仲の良かった方が先生として在籍。

__ 3

新入生208人のうち、内部進学は愛子さまを含め58人。クラスメイトの半分以上は初対面だが、人見知りすることなく、すでに多くのご友人を作られているという。

口元半開きで『よだれ』?障害?

以前に、当ブログでも愛子さまが文武両道で非常に勉強も優秀でスキーなどのスポーツの腕前も一流だという記事で紹介させて頂きました。

しかし、アスペルガーや自閉症の疑いがあるのでは?ということも心配のタネであることもお伝えさせて頂きました。↓どうぞご参照くださいませ。

愛子様のご入学式でのお声。しゃべった!勉強も天才で偏差値が高い。運動もスキーが上手。自閉症やアスペルガーの障害は?

今回は、愛子さまの口元がよく半開きの状態で、よだれのようなものがこぼれ落ちそうになっているのも心配だという声を反映したものです。

df4ce86e7233b0e6d9ec55d4912de2e9

もしかすれば、鼻があまりよくなく口呼吸をよくされていて、口がよく開く分唾液もよく分泌されているものだろうと素人目に判断しています。

一部では、これも障害?なのではなかろうかとの噂も耳にしますが・・・

 

 

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す