岡田准一の軍師官兵衛が面白い!画像と動画。彼の性格と俳優としての信念。

岡田准一の軍師官兵衛が面白い!画像と動画。彼の性格と俳優としての信念。

gunshbi_kanbei-3

2014年のNHK大河ドラマの主人公は岡田准一(おかだじゅんいち)さん33歳が演じる、兵庫県の姫路が生んだ稀代の軍師・黒田官兵衛。生涯50にも及ぶ合戦において一度も負けず、豊臣秀吉はその才能を高く評価しながら「官兵衛がその気になれば、自分が生きている間に天下を取るだろう」と恐れたといいます。

その戦の天才だった官兵衛の真骨頂は、刀・槍や鉄砲ではなく、智力で敵を下すというのがもっとも惹き付けられる魅力なのである。

kuroda

信長、秀吉、家康の三英傑に重用されながら、あり余る才能がために警戒された官兵衛は播磨の小藩の一家老から、逃げのびて生き抜き九州・福岡藩52万石の礎を築くまでとなった。

不景気や外交摩擦などの波乱の現代だからこそ、“生き残りの達人”と讃えられた男の人生、黒田官兵衛が我々の心を突き動かすのである。

27735037

俳優、岡田准一を探る

『探偵ナイトスクープ』などの放送作家を手掛ける百田尚樹さんが2006年に書き下ろされた小説『永遠の0』が450万部を越える大ベストセラーとなり、その実写映画化の主人公・宮部久蔵 役を岡田准一が務める。これまで、何度も映画化のオファーがありながらも断り続けてきたという百田氏。しかし、『ALWAYS 三丁目の夕日』の映画監督、山崎貴氏らの脚本と熱意に押されての映画化の運びとなった。

132277016_99730b8be8

また、百田氏はまもなく封切られる映画の完成試写を観た際に、岡田准一をこう評する。原作者自らが、映画が始まったとたんに涙がこぼれてしまった。岡田君の表情がイイ。笑顔がとてもイイ。何も無い普段のちょっとした笑顔もイイし、満面の笑顔もとても素晴らしいと高評価を示した。

テレビドラマシリーズと劇場版『SP』について

kaumei

岡田准一はこの『SP』の企画段階から、脚本家の金城一紀と「面白いアクション映画をつくりたい」という熱意から生まれた作品だという。このため、岡田は格闘技”カリ”、”ジークンドー”、”修斗”、”柔術”など様々なものに2年以上修練を続け、中にはインストラクターのライセンスまで取得しているものもあるほどだ。

筆者のワタシも格闘技をたしなむ者としても、岡田君は本気でマジで格闘技を愛して楽しんで真面目に取り組んでいるのがわかるし、とても好感の持てる人物というのもよくわかりました。

o0640048012520124165

実際、岡田は『SP』の中でアクションシーンをスタッフと共に作り上げているし、スタントマン達にも教えるほど信頼も厚いという。

彼は本当に真面目に演技を愛しているし、映画やドラマを愛していると思います。そこに賭ける情熱や努力は惜しみないものがあり、ただただ敬服します。

一言で言えば「執念の人」というところでしょうか。この、情熱や執念といったものが事を為すための重要な核となるところなので、これからの『永遠の0』や『軍師官兵衛』でも彼の熱の入った演技が観られることは間違いありません。

MWSnap638_convert_20130418224002

関西では有名な”ひらパー兄さん”

ワタシなんぞは、たかがジャニーズごときのアイドル風情になんの演技ができる?とアンチアイドル気質がありましたが、彼を見て変わりました。真摯に取り組んでいる様は、見直さざるを得ないほど、人の価値観を揺さぶる感動がありました。

食わず嫌いにならずに色々な映画やドラマを楽しんでいこうと思います♪

黒田官兵衛ご当地の姫路では、こんな”ゆるキャラ”?が・・・

BLevs5eCMAA80fJ.jpg small????

”かんべえくん”に、”しろまるひめ”だって。早く姫路城の平成の大改修工事が終わってキレイな姿をドラマ効果で観光客にお披露目されるのを楽しみに待っています~

ゆるキャラつながり!?僕らの真のアイドルはコレだ!こちらもチェック。

20100901

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

コメントを残す